ハッピーメール会員ログインこの

ハッピーメール会員ログインこの恋

恋人みつけた

 

 もう恋なんて出来ないと思っていたころの私、やっと見つけた恋だと思っていたのに、がんばって尽くしていたはずなのに、いつの間にか、「めんどくさい」と相手に思われていたのかもしれない。

 

当然彼が、私の知らない女性とキスしてる所を目撃したのがはじまりでした。

 

信じて、何年も付き合っていたのに、いつの間にかすれ違い、彼の心は私から離れていったのでした。

 

「もう恋なんてしない、悲しくなるから」

 

そう心に決めていたのに、月日が流れると、心の隙間が寂しくなって、「恋がしたい」と思う様になってしまいました。

 

人って一人では生きられないんですね、一緒に悲しんで、いっしょに笑ってくれるパートナーが必要なんですね、寂しい心に押しつぶされそうになって、何もカモがいやになって、やけくそでハッピーメールの会員になって、ログインしました。

 

いつの間にかステキな方を探してる私、それもね、ワクワクしながら、もうこんなに楽しい事って無いと思っていたのに、夢中になって検索してる私がいました。

 

気になる方を見つけてコメントしたんだけど、しばらくお返事が来なくて、もうダメかなって思っていたら、「詳しいプロフィールが知りたい」とお返事が、有ったのです。

 

私ったら、プロフィールも書かずに夢中になってたことに気づかされて、正直にプロフィールを書き込みしたとたん、たくさんの方からコメントとか、足跡とか、段々とうれしくなって、日記みたいな事も書く様になって、たくさん友達ができました、いつも書き込みしてくれる彼と仲良くなって、お会いする事もできたのです。

 

合って話せる友達になってくれました、そして合うだけから、食事を共にして、一緒に遊びに行くようになり。

 

いつの間にかいなくてはいけない存在になって、会いたくて仕方ない気持ちが強くなり、思い切ってわたしから、告白しちゃっったのです。

 

ハッピーメール会員になって、ログインしなければ、この恋はみつけられなかったとおもいます。

 

この恋を、大切に育てて行こうと思います。


運営者情報 運命の出会い ホテルに誘う 登録時の注意点